感謝を込めて贈る、引き出物カタログギフト

<引き出物とは>
遠くから足を運び、共に喜びや悲しみの気持ちを分かち合ってくださった方々へ、感謝の気持ちを込めて贈る引き出物。引き出物の由来は、平安時代、主人が客を見送る際に厩舎から愛馬を引き出してきて贈ったことが始まりだと言われています。やがて「馬代(うましろ)」として、馬の代わりに金品を贈るようになったそうです。大切な愛馬をも贈るほどの感謝の気持ちを込めて贈るギフト―それが引き出物なのです。引き出物を贈る場面には、慶事と弔事の両方があります。

二人らしさを添えて―結婚式の引き出物

結婚式に参列し、祝福してくださった方々へ、感謝を込めて贈る引き出物。結婚式の引き出物には、メインの品を一品と引き菓子、そして鰹節といった組み合わせが多いようです。引き出物の金額は、料理の20〜30%程度、あるいは3000円〜5000円というのが相場のよう。年齢や性別によって内容を変えたり、夫婦やご家族で出席してくださった方には高額のものを1つ贈ったりもします。のし紙には紅白または金銀の結びきりの水引を用い、表書きは「寿」、下段には二人の姓あるいは名前。引き出物は結婚式場で手配してもらえる場合も多いですが、二人だけの個性的なギフトを選びたいという場合、お気に入りのお店や通販などで購入することも多くなっています。
結婚式の引き出物 詳しくはこちら>>

真心込めて贈る―法事の引き出物

故人を偲ぶ儀式、法事。そんな法事に参列してくださった方へ、お礼の気持ちを込めて手渡すのが法事の引き出物です。法事の引き出物には本来、故人を偲ぶ意味が込められたお茶や、白装束を着て旅立つという意味の砂糖、タオルなどがふさわしいとされてきましたが、最近では必ずしもこの限りではなくなっています。金額の相場は、3000円〜5000円程度というのが一般的。会食を設けない場合は引き出物の金額をもう少し上げた方が良いかもしれません。掛け紙には黒白または双銀の結びきりの水引を用い、表書きは「志」「粗供養」、下段には施主名や「○○家」という喪家の姓を記します。
法事の引き出物 詳しくはこちら>>

引き出物にカタログギフト

引き出物にも多く用いられるようになっている、カタログギフト。そのメリットは、何と言っても、受け取った側が好きなものを選ぶことができるということ。共に気持ちを分かち合ってくださった方々へ、感謝の気持ちを込めて贈るのが引き出物。でも実際に喜んでいただけるギフト選びをするのは難しいですよね。相手にとって必要のないものを贈ってしまっては、逆にご迷惑になってしまいます。だからこそ、好きなものを選んでいただける
カタログギフトがおすすめ。相手の方に心から喜んでいただけるギフト、たくさんの感謝の気持ちを伝えるギフト、それがカタログギフトなのです。
もう一つ、引き出物は参列者が式場から持ち帰らなければならないため、大きいもの、重たいものでは負担になってしまいます。そのためカタログギフトのようにコンパクトなものが好まれているのです。コンパクトであっても内容は充実しており、感謝の気持ちを伝える引き出物にはぴったり。共に気持ちを分かち合ってくださった方々へ、真心込めて引き出物を贈ってみませんか?

商品一覧