2人の新生活を応援!結婚祝いカタログギフト

結婚祝いとは

幸せな2人の門出を祝して贈る、結婚祝い。結婚式に招待されているのであれば、ご祝儀として現金を贈るのが一般的ですが、仲の良い友人や家族などが結婚する時には、記念に残るもの、相手が喜んでくれるようなギフトを贈ることも多いです。また結婚式を挙げないカップル、結婚式には出席しないけれど是非「おめでとう」の気持ちを伝えたいというカップルにも、真心込めたギフトが喜ばれるのではないでしょうか。いずれにしても結婚祝いには、「おめでとう」そして「これからもよろしくね」という思いを込めて、2人の新生活を応援するような素敵なギフトを贈りたいですよね。

結婚祝いマナー

結婚祝い結婚祝いは一般的に招待状を受け取ってから挙式までの吉日に持参するのが正式です。挙式直前は準備で慌ただしくなりますので、少なくとも一週間前にはお届けするようにしましょう。挙式前に間に合わない場合は、挙式や引越し、新婚旅行などが済んで落ち着いた頃を見計らって贈ります。配送をお願いする場合は、メッセージカードなどを別送して祝福を伝えることも忘れずに。結婚祝いの金額相場は、親戚や友人は1万円、兄弟なら2〜3万円いったところ。会社の同僚などの場合、何人かでお金を出し合って1〜2万円程度のギフトを贈ることも多いようです。またご祝儀の金額を目安とする方もいます。

結婚祝いのギフトには、「切れる」を連想させるハサミやナイフ、「壊れる」を連想させる磁器などはNGとされてきました。しかし最近では気にされる方も少なくなっています。ただし新郎新婦のご両親が気にされる場合もありますので注意してください。またご祝儀の金額と同じく、贈り物の個数に2で割り切れる数は避けるという風潮もあります。ペアの2や、1ダースの12などは1組と数えるのでOKです。結婚祝いののし紙には金銀や紅白の結びきりの水引を掛け、表書きの上段は「寿」「御祝」「御結婚祝」など、下段に氏名を入れます。

結婚祝いにカタログギフト

カタログギフト幸せな2人を祝福する、結婚祝い。新たな門出を応援するような、素敵なギフトを贈りたいですよね。でも結婚祝いのギフト選びというのはなかなか難しいもの。2人と親しい間柄であれば、どのようなものが欲しいかを直接聞くことができますが、そうでない場合にはいろいろと頭を悩ませなければなりません。新生活を彩るインテリアや食器などは結婚祝いとしての華やかさもありますが、2人の好みに合わなかったり、ほかの人と重なってしまったりという不安面も。実用性のあるアイテムだと、ちょっと華やかさに欠ける・・・などということもあるかもしれません。また食品は、挙式や新婚旅行などで不在気味の場合には心配です。だからこそ結婚祝いにおすすめしたいのが、カタログギフト。インテリアやファッション、日用品、食品など様々なジャンルの中から、2人の新生活に本当に必要なものを選んでいただくことができます。カタログを眺めながらギフト選びをするのも、アツアツの2人にとってはきっと楽しみの一つ。相手の方に心から喜んでいただくことが、何よりも祝福の気持ちを伝えることになりそうですよね。選ぶ楽しみ、届く楽しみ、使う楽しみを乗せて―幸せな2人の結婚祝いに、こだわりのカタログギフトを贈ってみませんか?

商品一覧