真心込めて贈る、香典返しカタログギフト

<香典返しとは?>
香典返しとは、葬儀に参列していただき、お香典やお供えを頂いた方に対してのお礼のこと。香典は元々、その名の通りお香・線香、あるいは近所の農家の方々が持ち寄った米や野菜をお供えにしていたものでした。当時は地域の助け合いの意識が強く、別の家で不幸があった場合も同じように返すという習わしだったため、特にその都度香典返しの贈り物を贈るということはありませんでした。やがて時代と共にこうした地域のつながりも薄れ、贈答の習慣が定着すると、葬儀のお礼・お返しとして香典返しのギフトを贈ることが一般的になったのです。

香典返しのマナー

香典香典返しは通常四十九日法要が済んだ後、無事に忌明けを迎えられたというご報告と共にお渡しするようにします。(神式では五十日祭後喪が明けてから、キリスト教式では1か月後の召天記念祭の後。)金額の相場は、頂いたものの3分の1〜半額程度。黒白あるいは黄白の結びきりの水引に、表書きは「志」、仏式ならば「忌明志」や「満中陰志」(主に関西地方)、神式やキリスト教式であれば「偲び草」などとします。下段には喪主の姓を入れましょう。本来は手渡しが礼儀ですが、最近では配送にするケースも増えてきました。その場合には必ず挨拶状を同封するようにします。また近年、葬儀当日にお渡しする「即日返し」という方法が取られることも多くなっています。即日返しのメリットは、1種類のギフトを選べば良いということ、また葬儀後に配送や挨拶状の手配をしなくても済むということがあります。ただし特にお世話になった方には、後日改めてお礼をした方がスマートです。

香典返しにカタログギフト

香典返しには、“故人を偲んで飲む”という意味を込めたお茶、“白装束を着て極楽浄土へ旅立つ”という意味のタオルなどが多く用いられてきました。また香典返しは不祝儀の贈り物ですから、洗剤などの消耗品や食べ物といった“後に残らない”ものが好まれる傾向もあります。ただし最近ではこうしたギフトへのこだわりも少なくなり、感謝の気持ちを様々なギフトの形で表すことが多くなりました。その代表とも言えるのが、カタログギフト。贈る側にとってのメリットとしては、葬儀の手配などで慌ただしい時にギフト選びに頭を悩ませなくて済むこと、また不祝儀の場にふさわしくないギフトを選んでしまうといった失敗をしなくて済むこと。贈られる側にとっては、好きなものを選べるということはもちろん、葬儀当日に受け取っても荷物にならないという点が喜ばれているようです。共に故人を偲んでくださった方々へ、感謝の気持ちを表す香典返し。心からのお礼の気持ちを表すものとして、また先様に喜んでいただけるギフトとして、こだわりのカタログギフトを是非ご活用いただきたいと思います。

商品一覧