「ありがとう」を伝える、内祝いカタログギフト

<内祝いとは?>
お祝いをくださった方に対して、感謝の気持ちを込めて贈る内祝い。内祝いというのは本来自分のところで何か良いことがあった時に、「この喜びを周りの方にもお裾分けしたい」という思いから、祝宴を開いて近隣の方や親戚をもてなしたり、贈り物を贈ったりしていたものでした。しかし現在ではもっぱら祝福をくださった方々に対する「お返し」としての意味が強くなっています。結婚、出産、新築など、様々な場面で用いられる内祝いギフト。「ありがとう」の気持ちを込めて、心から喜んでいただける逸品を贈りたいですね。

2人らしさを添えて―結婚内祝い

二人の門出を共に祝福してくださった方々へ、感謝を伝える結婚内祝いギフト。披露宴に出席していただいた方に対しては当日引出物としてお返しをしますが、出席していただけなかった方、また結特にお世話になった方に対しては、改めてお返しをお贈りするようにします。内祝いを贈る時期は、挙式後一か月以内。金額の相場は頂いたものの3分の1〜半額程度と言われています。のし紙には紅白の結び切りの水引を用い、表書きは「結婚内祝」などとしましょう。

結婚内祝い 詳しくはこちら>>

「ありがとう」と「よろしく」を伝える、出産内祝い

新たな命の誕生を共に祝福して下さった方々へ、感謝と喜びの気持ちを込めてお贈りする出産内祝い。「ありがとう」と「これからよろしくお願いします」の気持ちを込めて、真心込めたギフト選びをしたいですよね。内祝いを贈る時期は、産後一か月を目安に。こちらも頂いたものの3分の1〜半額程度が相場と言われています。水引は紅白の蝶結び、表書きは「出産内祝」などとしましょう。また表書きの下段には赤ちゃんの名前を記入します。

出産内祝い 詳しくはこちら>>

元気になりました!快気祝い

「祝い」という名が付いていますが、「お返し」という意味が強いのが快気祝い。病気から回復した際、お世話になった方やお見舞いをくださった方に対して贈るお礼のことを言います。金額はお見舞いで頂いたものの半額くらいが目安。回復具合にもよりますが、退院してから10日頃には贈るようにしましょう。表書きは「快気祝い」「全快祝」「内祝」など。直接渡すことができない場合は、挨拶状で元気になったこととお礼の気持ちとを伝えるようにしましょう。

快気祝い詳しくはこちら>>

内祝いにカタログギフト

共に喜びを分かち合ってくださった方々へ、感謝の気持ちを込めて贈る内祝い。人生の門出を応援するようなギフトを贈りたいお祝いとは異なり、お返しという意味の強い内祝いには“もらっても困らないようなものを”という思いでギフト選びをされる方が多いよう。そのため洗剤やタオル、調味料などといった日用品や消耗品が好まれてきました。でも何となく「ありがとう」の気持ちを伝えるには物足りない・・・。“もらって困らないもの”から“もらって喜ばれるもの”にしたい・・・。そんな方々に好まれているのが、カタログギフトです。カタログギフトの魅力は何と言っても、相手の方に好きなものを選んでいただけるということ。有名ブランドの逸品から全国各地のグルメ、また乗馬やエステといった体験まで、魅力的なアイテムが満載のカタログギフト。先様の年齢や性別に関わらず、どなたにも喜んでいただけるギフトになるのではないでしょうか。
また、お祝いをくださった方々に対しては、幸せな姿を見せることが何よりものお返しになります。結婚祝いであれば二人で訪問する、快気祝いであれば元気になった姿を見せるなどして、感謝の気持ちを表し幸せのお裾分けをしましょう。直接訪問できない場合には、挨拶状で様子を知らせることが大切。真心込めて「ありがとう」の気持ちを伝えることで、より喜ばれる内祝いになるのではないかと思います。

商品一覧