法事の基礎知識

※ここでは一般的な法事の知識をご紹介していますが、地域のしきたりなどによってはこれとは異なる場合がございますのでご注意ください。

法事いろいろ

初七日

死後最初に行われる法事。最近では葬儀当日に済ませてしまうことも多くなっています。

四十九日

仏教の世界では、死者はこの日に生前の行いに基づいて判決が下され、成仏できるか否かが決まると言われています。そのためこの日は親しかった者が会し、故人が成仏できるよう祈る大切な日と考えられているのです。この四十九日が「忌明け」となり、香典返しはこの後に贈られるのが一般的となっています。

百か日

死後百日目に行われる法事のこと。一般的には遺族だけで行われるもので、最近では省略するところも増えています。

一周忌

亡くなられてから一年後の祥月命日(毎年巡ってくる故人が亡くなった月日のこと)に執り行われる法事。年忌法要の中ではもっとも大事なものであり、親戚や知人など多くの人が集まり、供養の儀式や会食が行われます。一般的にこの一周忌で喪明けとなります。

年忌法要

三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と続き、通常この三十三回忌か次の五十回忌で「弔い上げ」として法事を終了します。「弔い上げ」までは次第に参列者の数も少なく、法事の規模も小さくしていくことが多いです。一周忌と違い、亡くなられてからの満年数から一年ひいた年に行われるので、三回忌は一周忌の翌年ということになります。

初盆

亡くなられてから初めて迎えるお盆。新盆(にいぼん・あらぼん)とも呼ばれます。お盆はもともと先祖を供養する大切な儀式ですが、この初盆は特に手厚く営まれることが多いです。ただし四十九日の忌明けの前にお盆を迎える場合は、初盆は翌年となります。

法事の営み方・マナー

法事まず法事の日取りですが、ちょうど何日目ということでなくても、僧侶の都合の良い日や参列者の集まりやすい休日を選んで構いません。ただし亡くなった日にちよりも後に法事を行うことは良くありませんので注意してください。日取りが決まったらお寺への依頼と参列者への案内状を忘れずに手配するようにします。元々法事は僧侶を自宅に招いて読経してもらい、故人を供養するものでしたが、最近では住宅事情などからお寺で法事の儀式を行ってもらうというケースが増えています。参列者は案内状が届いたらできる限り都合を合わせて出席するようにしましょう。他にも気になる法事マナーについてはこちらで詳しくご紹介しています。

→法事マナー

法事のご会食

法事故人に対する供養の儀式が終わったら、施主から僧侶や参列者に対して食事が振舞われます。元々は法事の儀式と同じく自宅で行われていたものですが、最近ではお寺で法事を執り行っていただいた後、料亭などに場所を移して行われることが多くなっています。また本来は肉などを用いない精進料理というのが決め事でしたが、最近では比較的献立も自由になっているようです。いずれにしても法事のご会食には、故人の思い出を語り合い、参列者同士もう一度近況を報告し合う意味も込められています。共に亡くなられた方の冥福を祈る大切な場にしたいですね。

→法事ご会食 →法事料理

法事のお供え・引き出物

法事お供えもう一つ法事の大切なしきたりであるのが、法事ギフト。法事に参列する場合、供物料かお供えを持参するのがマナーです。それぞれの法事に合わせて、金額の相場や使用するのしについても覚えておきたいですよね。また施主は参列者に対して引き出物を用意しておきます。法事に参列できないという場合にも供物料などを郵送して頂くことがありますので、その方に対しても忘れずにお返しをするようにしましょう。気になる法事ギフトのマナーはそれぞれのページでご紹介しています。

→法事ギフト →法事お供え →法事引き出物 →法事お返し

法事のご会食・法事ギフト(お供え・引き出物)はおまかせ

ねぼけ赤坂店土佐料理司・ねぼけでは、法事のご会食の会場としても皆様から多くご利用いただいております。和のぬくもり漂う店内には、ごゆっくりとおくつろぎいただくことのできる和洋両タイプの個室をご用意。厳選された素材を用い、熟練板前が手間ひまかけて仕込んだこだわりの和食で皆様をおもてなしさせていただきます。

また当店のお取り寄せギフトは、法事のお供えや引き出物、香典返しなど、様々な法事ギフトに是非ご活用いただきたいこだわりの逸品。皆様の法事ご会食、法事ギフトを土佐料理司・ねぼけが心を込めておもてなしさせていただきます。

→法事のご会食 →法事ギフト(お供え・引き出物)

土佐料理司・ねぼけ