岩崎弥太郎

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ > 高知県 > 高知県 偉人 > 岩崎弥太郎
岩崎弥太郎

岩崎弥太郎

 

 

東洋の海上王・岩崎弥太郎。
経営者として敏腕をふるい、三菱という大財閥を築き上げた弥太郎の生涯。
そこには貧しかった少年時代と、坂本龍馬をはじめとするさまざまな人物との出会いが隠されていました。

岩崎弥太郎の生涯

岩崎弥太郎の才能が開花した幼少時代

岩崎弥太郎は1834年、地下浪人の息子として現在の安芸市に誕生しました。弥太郎は幼い頃から文才を発揮します。14歳の頃には当時の土佐藩主・山内豊照にも漢詩を披露、書も講じて褒美をもらうほどの腕前でした。そして21歳になると、弥太郎は江戸へ遊学に渡るのです。しかし弥太郎が江戸へ渡ってわずか1年、父親が酒席でのいさかいによって投獄されたことを知り、やむなく高知へと帰ることになります。そして弥太郎は父親の免罪を訴え続けたために、自らも投獄されてしまいます 。

弥太郎の才能が世に出る

村を追放された弥太郎でしたが、当時「少林塾」を開いていた吉田東洋のもとに入門。再びその才能を認められることとなります。一度は政治の世界から退いていた吉田東洋が政界復帰を果たすと、弥太郎も土佐藩に登用。その中でたびたび長崎出張を命じられた弥太郎は、さまざまな海外事情を学びます。やがて土佐藩の商社「土佐商会」の長崎駐在員としての役割を担い、敏腕を振るうようになるのです。さらに弥太郎は、当時「海援隊」を結成していた坂本龍馬のもとで、会計役としても活躍します 。

岩崎弥太郎の三菱創設

明治維新後土佐商会は「九十九商会」へ、さらにその後の廃藩置県によって九十九商会は「三菱商会」に改名。弥太郎が経営する個人の企業となります。このとき弥太郎は有名な三菱のマークを決めました。実はこのマーク、当時の土佐藩主であった山内家の三葉柏と岩崎家の三階菱の家紋を合わせて出来上がったものだったのです。

「東洋の海上王」として

弥太郎はその敏腕振りを発揮、西南戦争の際には三菱商会の船が軍用船としてそのほとんどを占めました。それにより三菱は1300万円という莫大なお金を得たと言われています。弥太郎のその海運業での敏腕ぶりは「東洋の海上王」と呼ばれるまでになりました。明治14年、三菱の最大の保護者であった大隈重信が失脚すると、弥太郎は当時最大のライバルであった三井家の井上馨、渋沢栄一らに対抗。しかしその争いのさなか、弥太郎は50歳という若さで亡くなってしまいます。

弥太郎亡き後その意志は弟・弥之助に引き継がれ、三菱は今なお衰えることのない、日本を代表する財閥としての力を保ち続けることになるのです

岩崎弥太郎の人柄を探る

幼い頃に大志を抱く

幼い頃からそのあり余る才能を発揮したことで知られる岩崎弥太郎ですが、彼は必ずしも恵まれた少年時代を送ったわけではありませんでした。彼が生まれた家は地下浪人という身分。地下浪人とは当時郷士の株を売って居ついた浪人のことで、身分も低いものでした。実際、弥太郎の少年時代は極貧の中にあったと言っても過言ではありません。

しかし類稀な才能に恵まれた弥太郎。その才能を活かすべく勉学に励み、江戸に遊学に出向く際には近くの妙見山の神社に参拝し、「後日 英名ヲ天下ニ轟カザレバ 再ビ帰リテ此ノ山ニ登ラジ」との野望を誓ったと言われています。また、岩崎弥太郎の生家に今でも残される庭石は、幼い弥太郎が日本列島を模って並べたものと言われています。幼い頃から大志を抱いていた弥太郎。貧しかった少年時代が彼を「東洋の海上王」へと上り詰める原動力になったのかもしれません

岩崎弥太郎ゆかりの地

岩崎弥太郎生家

高知県安芸市、岩崎弥太郎の生家は今なお当時と変わらぬたたずまいのまま残っています。庭には弥太郎が幼い頃並べたという、日本列島を模した庭石も。土蔵には、三菱マークの原型となった、家紋の三階菱も見られます。ここで暮らした幼き頃の岩崎弥太郎に、自然と思いを馳せてしまいそうです。

→岩崎弥太郎生家

岩崎弥太郎像

岩崎弥太郎像は安芸駅から徒歩3分ほどの江の川公園内に建てられています。この銅像は岩崎弥太郎の没後150年に記念して建てられたもの。片方の手を腰に、もう一方を大きく広げて何かを熱く語りかけているような弥太郎の姿は威厳たっぷり。当時の弥太郎の熱意や迫力をそのままに感じさせます。

土佐料理司・ねぼけ