四万十川

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ .com > 高知県 >安芸

四万十川は日本最後の清流。 四万十川にかかる沈下橋は、その風景を一層魅力的なものとしています。 貴重な生き物のすみかでもある四万十川は守り続けていきたい日本の誇りです。

四万十川

四万十川日本最後の清流・四万十川。

 

四万十川は高知県不入山(いらずやま)の南東部、標高約1200メートルに源流点を持ち、山々の間を蛇行しながら流れています。四万十川は下流に近づくにつれ川幅は広く、流れは穏やかになり、山の緑と豊かに広がる川の青とが美しいコントラストを描きます。

 

「四万十川」というぴったりの名前の由来には、いくつかの説があります。アイヌ語で「大きく、美しい」を表す言葉、「シ・マムタ」からきているという説。また、「四万川」という支流の名前と、中流にある「十川」という地名が合体したのだと言う説。さらに四万十川が非常に多くの支流をもっているため、「四万十川」と名づけられたという説もあります。

いずれにしても、「四万十川」という名前にふさわしく、美しく雄大な流れがそこにはあるのです。

四万十川に暮らす生物たち

四万十川は多くの生物にとってのすみかでもあります。四万十川に生息する魚の種類は150種類。吉野川と並んで日本一を誇る数字です。四万十川の澄んだ水は多くの生物にとって心地よいすみかとなっているのです。また、四万十川の幸は高知県の郷土料理にも豊かな恵みを与えてくれています。

 

高知県の清流を代表する魚・鮎。鮎は香魚とも呼ばれ、スイカのような良い香りが特徴です。四万十川では鮎の友釣りを楽しむ光景が見られるほか、船上で火を振り鮎を網へと追い込む火振り漁などが行われ、その光景も四万十川の風物詩となっています。しかしかつては多かった四万十川の鮎も今では減少傾向にあり、四万十川を鮎を守ることが今後の課題となっています。

 

ゴリ

ゴリはハゼ科の仲間。体長3センチほどの小さな魚で、唐揚げや佃煮など高知県の郷土料理にもよく用いられています。四万十川で行われるゴリの伝統漁法として代表的なのがガラ曳き漁。ロープにサザエの殻をつけ、そのガラガラという音で仕掛けておいた四つ手網の中にゴリを誘い込む漁法です。

テナガエビ

四万十川を代表するエビがテナガエビ。テナガエビはその名の通り手の長いエビで、石の下や岸辺の草陰に暮らしています。テナガエビの漁法は柴漬け漁といい、枝を束にして水に沈め、その中に入り込んだものをすくうという伝統的な漁法。唐揚げや塩焼きなどが人気です。

 

うなぎ

 四万十川と言えば思い出されるのがうなぎ。天然のうなぎは臭みがなく、身が締まった上品な味わい。比較的流れの穏やかな、川幅の広いところに生息し、四万十川のアオノリを食べて暮らしています。天然ものが少なくなった今、四万十川のうなぎも私たちが守って生きたい貴重な存在です。

アオノリ

四万十川の川床を緑に染めるアオオリ。四万十川のアオノリは臭みがありません。河口近くで毎年見ることのできるアオノリの天日干しも四万十川の冬ならではの光景です。

四万十川・沈下橋が織り成す景観

四万十川の景観をさらに魅力的にしているのが沈下橋の存在。

四万十川にかかる沈下橋。沈下橋は川が氾濫した際には沈下するように設計された橋で、そのため欄干が設置されていないのが特徴的です。また、普通の橋と比べて川との距離も短く設計されています。

四万十川にかかる沈下橋の数は、支流も含めると全部で47にもなります。四万十川が織り成す美しい景観の中で、沈下橋の存在は欠かすことができません。欄干のないシンプルな橋だからこそそこに情緒が漂い、雄大に流れる四万十川との光景が美しいものになるのかもしれません。

四万十川では、沈下橋から子供たちが川に飛び込む楽しそうな光景や、人々が沈下橋を渡って日常的に行き来する姿などが見られ、日本ならではの懐かしい風情を感じさせます。沈下橋は美しい景観を作り出すとともに、人々の生活においても欠かすことのできない橋なのです。

 

おすすめ沈下橋

【 一斗俵沈下橋 】

四万十川に架かるもっとも古い橋が、昭和10年に作られたこの一斗橋。四万十川の上流域に位置し、現在は通行止めになっていますが、夏場は子供たちが水泳を楽しむ姿が見られます。

 

【 岩間沈下橋 】

河口から約40km、四万十川のゆるやかな流れの上にかかる岩間沈下橋は、ポスターやCMなどでも使われる人気のスポット。四万十川を代表する風景が広がります。

 

【 今成橋(通称「佐田沈下橋」) 】

「佐田沈下橋」と呼ばれ親しまれている今成橋は、四万十川のもっとも下流にあり、もっとも長い橋として有名です。春は菜の花が咲き、美しい景観を作りだしています。

四万十川アクセス

  • 【 四万十川所在地 】 高知県四万十市ほか
  • 【 四万十川アクセス 】
  • ■土佐くろしお鉄道「中村駅」下車。
  • ■高知県「須崎東IC」から国道56号を80km、約2時間。
トップに戻る
高知県 フリー写真素材
土佐料理司・ねぼけ