お土産

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ .com > 高知県 >お土産

高知県 お土産

高知県のお土産をご紹介!海・山・川が育む豊かな恵み、歴史の香り息づく伝統工芸品、酒豪王国自慢の酒など、個性豊かなお土産がずらり。高知県の旅の思い出に是非お楽しみください。

海産物 ―黒潮がもたらす豊かな海の幸―

鰹土佐と言えば真っ先に思い出される方も多いのが鰹。名物鰹のたたきのほか、 鰹の内臓を塩辛にした「酒盗」、おつまみにぴったりの「鰹生節」など様々な鰹 加工品も人気のお土産になっています。

土佐ちりめん

土佐ちりめん土佐ではイワシ類の稚魚を「ドロメ」と言って生のままで酒肴に楽しみますが、 もちろん太陽の日差しにたっぷりと当てて乾燥させたちりめんも人気。新鮮な 「ドロメ」から作られたちりめんならではの旨みと絶妙の食感が楽しめます。

清水鯖

清水鯖清水鯖というのは土佐清水沖で獲れるゴマサバのこと。土佐清水の海を泳ぎ、 土佐清水のエサを食べる。まさに土佐のサバなのです。そんな清水鯖は丸々 とした肉厚の身が特徴。たたきや焼鯖寿司など、地元で愛され続ける清水鯖を お土産にも是非どうぞ。

高知県産フルーツ ―南国の太陽をいっぱいに浴びた輝く果実―

フルーツトマト

フルーツトマトその名の通りフルーツのような甘さが特徴のトマト。普通のトマトに比べるとやや 小ぶりですが、その糖度は何と2倍以上。酸味もほどよく、果肉はぎゅっと詰まっ ています。街路市にも並び、お土産として人気の高い一品!

小夏

小夏こちらも街路市などで人気のお土産。黄色く輝く小ぶりの果実は、みかんとも、 夏みかんとも違う。白皮の部分を果肉と一緒に食べるというのもユニークです。 酸味と甘みの絶妙なバランス。爽やかで上品な香りが広がります。

文旦

文旦店頭に並ぶたっぷりとした黄色の果実。これが土佐の文旦です。果肉はプリプリ と弾けるようで、食べごたえ十分!爽やかな香りと酸味、密のような甘みが 人気のフルーツです。

ゆず加工品

ゆず高知県を代表するフルーツとして忘れてはならないのが、ゆず。そんなゆずを 使った加工品もお土産として大人気!ゆずポン酢やゆずジュース、ゆず味噌、 ゆずジャム、ゆずのお菓子・・・。最近ではゆずを使った化粧品も登場していま す。爽やかなゆずの香りをお土産に是非どうぞ!

四万十の幸 ―日本最後の清流が育む恵み―

鮎鮎は四万十川に代表される高知県の清流の貴重な財産。「香魚」の名を持つ鮎は スイカのように爽やかな香りがすると言われます。それは鮎が美しい川底の藻類 だけを食べて暮らしているから。身そして内臓まで美味しくいただけます。

アオサノリ

青さのり四万十川河口付近で育ったアオサノリは豊かな香りと柔らかさが自慢で、数ある アオサノリの中でも最高級品とされています。採取から天日干しまで、地元の人々 の手間と愛情をかけられた逸品。お土産に是非どうぞ。

川海老

川海老長い手(ハサミ)が特徴のテナガエビ。体長は5〜20cmほどと小さく、高知県では 唐揚げなどにして丸ごといただきます。パリパリとした歯ごたえと独特の風味が楽 しい一品。おつまみにもぴったりです。

地酒・焼酎 ―酒豪王国・土佐が誇る自慢の酒―

土佐鶴

土佐の銘酒、土佐鶴。紀貫之が詠んだ歌からその名が付けられたという、歴史と ロマンの香り漂う酒。いごっそうたちに愛される“淡麗・辛口”。野趣溢れる土佐の 酒肴とも相性抜群です。お土産にも大人気!

酔鯨

酒豪として知られ、自らを「鯨海酔候」と称したという藩主・山内容堂にちなんで名 付けられたというこちらも土佐の銘酒。大海原を雄大に泳ぐ鯨のように豪快に飲み 干して欲しいという願いが込められた土佐の酒を、お土産にいかがですか?

栗焼酎

知る人ぞ知る焼酎がこちら、栗焼酎です。土佐の山間部で採れた栗を豊富に使い まろやかな飲み口に仕上げました。豊かに広がる大地の香り―。お酒好きなあの 方へのお土産として是非どうぞ。

ゆず焼酎

米焼酎や麦焼酎をベースに、土佐ならではのゆず果汁や糖類を加えた焼酎。爽や かな香りとほのかな甘みが飲みやすく、女性を中心に人気を集めています。さっぱ りとしているので、お料理との相性も抜群!

伝統工芸品 ―歴史の香り息づく逸品―

土佐和紙

紙の原料が豊富に産出され、仁淀川の美しい水に恵まれた高知県いの町は、 古くから土佐和紙の産地として栄えてきました。今でもレターセットやうちわ、 ランプなど、土佐和紙の美しい工芸品がお土産として人気を集めています。

サンゴ加工品

高知県の美しい海は有数のサンゴ産地として名を馳せてきました。指輪や ネックレスなど、サンゴの加工品はお土産として根強い人気。美しい桃色の 中に伝統や自然の神秘が感じられます。

フラフ

フラフとは、オランダの「VLAG(旗)」がなまったもので、大漁旗から着想され た大きな旗のこと。そこに金太郎や桃太郎、さらには歴史上の人物の勇まし い姿が描かれ、端午の節句に鯉のぼりとともに空に掲げられるのです。職人 の技が光る伝統の逸品を、お土産に是非いかがですか?

海洋深層水 ―深い海からの恵み―

最近注目を集めている、室戸の海洋深層水。海洋深層水というのは地球の両極の海域で生まれゆっくりと循環する深海の流れで、これが室戸沖で「湧昇流」によって海面近くに運ばれてくるところをくみ上げて利用するのです。海洋深層水は表層の水よりも温度が低く、ミネラルが豊富で、清浄という特徴があります。室戸市ではこれを取水施設「アクアファーム」などでくみ上げ脱塩、飲料水をはじめお酒やお菓子、化粧品などに利用。お土産としても注目を集めるようになっています。

高知県 フリー写真素材
土佐料理司・ねぼけ