こいのぼり川渡し

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ .com > 高知県 >安芸

こいのぼり川渡し

春の四万十川の風物詩、「こいのぼり川渡し」。

こいのぼり川渡しこいのぼり川渡しは、川幅200mにも及ぶ四万十川の上空を、鯉のぼりが泳ぐ壮大なイベント。全国各地から送られてくるという鯉のぼりの数は年々増え続け、今ではなんと500匹にものぼるそう。春の風に吹かれて、気持ち良さそうに泳いでいます。四万十川の青と木々の緑、そして色とりどりの鯉のぼりとが描き出す風景は、まさに絶景の一言。見る人の心まで晴れ晴れとしてくるようです。

こいのぼり川渡しは今や四万十川の名物イベントとなり、遠くから訪れる人も増えているそう。ゴールデンウィーク中の1日には、会場のそばのこいのぼり公園でイベントも開催。特産品の販売などが行われ、賑わいを見せています。こいのぼりが泳ぐ姿を眺めながら、地元の人との触れ合いを楽しんでみてはいかがですか?

こいのぼり川渡しの歴史

こいのぼり川渡しの歴史には、心温まる物語が残っています。

こいのぼり川渡しの始まりは、今から35年ほど前のこと。ソフトボールをしていた少年たちの、こんな一言がきっかけでした。

“最近は僕らぁが大きくなったき、家で鯉のぼりをあげてくれん”

それを聞いた体育会の青年たちは翌年、50匹ほどの鯉のぼりをロープで川の上に渡し、子供たちを喜ばせてやったのです。

こうして始められたこいのぼり川渡しは次第に話題になり、マスコミにも取り上げられるようになりました。そして全国各地から鯉のぼりが送られてくるようになったのです。その数は年々増え続け、空を泳ぐ鯉のぼりも華やかになりました。こうしてこいのぼり川渡しは、地元の人たちの心温まるイベントから、四万十川の名物行事にまで発展していったのです。

眠っていたはずの鯉のぼりたちは、今再び、大空を気持ち良さそうに泳いでいます。

こいのぼり川渡し 日程・アクセス

日程 4月中旬〜5月中旬
会場 高岡郡四万十町
四万十町役場HP www.town.shimanto.lg.jp/outer/kanko/koinobori.php
アクセス 高知駅からJR土讃線特急で1時間45分、「十川駅」下車。徒歩5分。
「須崎東IC」から国道56号・381号を約76km、1時間30分。
高知県 フリー写真素材
土佐料理司・ねぼけ