よさこい祭り

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ .com > 高知県 >安芸

よさこい祭り

熱気溢れるよさこい祭り

よさこい祭りが行われる8月、高知の街は熱気に包まれます。

よさこい祭りは高知県のお祭りの代表格。今や全国にその名を広げています。よさこい祭りは毎年8月9日(前夜祭)、10日・11日(本番)、12日(後夜祭・全国大会)の4日間の日程で行われます。1954年から始まったよさこい祭りは、今では50年以上も続く歴史あるお祭りとなりました。

よさこい祭りを盛り上げる踊り子の数は2万人にも達します。日曜市で有名な追手筋をメイン会場に、帯屋町など市内のさまざまな場所を踊りながら練り歩く、よさこい祭りの踊り子たち。よさこい祭りはチームごとにさまざまなアレンジを楽しめるのが魅力。踊りの楽曲「よさこい鳴子踊り」も自由にアレンジできるほか、振り付け、衣装、メイクにも、チームの個性が光ります。地方車と呼ばれるトラックが、踊り子たちに負けまいと派手に装飾され、音楽を鳴らしながら踊り子たちを先導するにぎやかな光景もよさこい祭りならではです。

よさこい祭りはいまや、高知の夏に欠かせない存在。伝統と新鮮さが入り混じった「よさこい鳴子踊り」の音楽に合わせて、手に持った鳴子をリズムよく響かせながら、大胆に、美しく、そして楽しく踊る。よさこい祭りの踊り子たちはもちろん、観客までもが熱気と興奮、そして笑顔に包まれます。よさこい祭りはまさに南国土佐の魅力に溢れたお祭りなのです。

よさこい祭りの熱気を、みなさまもぜひ肌で感じてみてはいかがでしょうか。

よさこい祭りの歴史をたどる

よさこい祭りよさこい祭り50回を越える、歴史あるお祭りとなりました。

よさこい祭りは戦後まもない頃、不況をはね飛ばそうと高知商工会議所が計画したものでした。この当時、お隣徳島県には有名な阿波踊りがあったために、それとは違う一味違うものを考える必要がありました。そこで踊りの楽曲を高知県在住の武政英策氏に依頼。こうして作られたのが「よさこい鳴子踊り」です。その際武政氏から、素手で踊る阿波踊りに対抗してよさこい祭りでは鳴子を使うことが提案されたのです。

1954年に行われた第一回よさこい祭りの参加者は750人。ここからよさこい祭りの歴史は始まりました。

1970年代になると、よさこい祭りは少しずつ変化を始めました。「よさこい鳴子踊り」の楽曲を、ロック調やサンバ調にアレンジする人が増えてきたのです。それに伴い盆踊り風だった踊りも大胆に変化をはじめ、よさこい祭りに参加する踊り子たちの衣装やメイクにも力が入れられるようになりました。「地方車」と呼ばれるトラックが、音楽を鳴らしながら踊り子たちを先導する形式が取られるようにもなりました。

現在でも、よさこい祭りは進化を続けています。音楽、衣装、メイク、振り付けなど、どれをとってもチームの個性がにじみ出たものばかり。さまざまなアレンジが工夫される一方で、昔ながらの浴衣姿や楽曲を用いた正調派の良さも光ります。

よさこい祭りそんなよさこい祭りは今や、高知県以外の場所にも広がりを見せています。高知のよさこい祭りに刺激を受けた学生らによって始められたのが北海道の「YOSAKOIソーラン祭り」。東京原宿でも「スーパーよさこい」が毎年開かれ、多くの参加者を集めています。

歴史のある日本ならではの踊りであると同時に、それを自分たちでアレンジできる自由さが、よさこい祭りの人気の秘密なのかもしれません。

よさこい祭りのルール

よさこい祭りには細かいルールはありません。「よさこい鳴子踊り」を曲に取り入れ、鳴子を持って前進する踊りであるほかは、楽曲や衣装、メイク、振り付けなどチームごとにアレンジすることができます。そこがまさに南国土佐ならでは。伝統と新鮮さの両方を大切に、チームの個性を磨くことができるのがよさこい祭りの魅力です。

◆ 鳴子

鳴子はもともと農作業の際にすずめやからすなどを追い払うために鳴らす農機具でした。それを踊りの際に楽器のように使うことが考案され、今ではよさこい踊りに欠かせないアイテムとなっています。カチャカチャという刻みのよい音が、踊りを一層盛り上げています。鳴子のデザインも朱色に黒と黄色を使ったものがオーソドックスでしたが、今ではチームごとにさまざまなデザインのものが使われるようになっています。

◆ 地方車

地方車はよさこい祭りに欠かせない存在。地方車とは音楽を鳴らしながら踊り子たちを先導するトラックのこと。踊り子たちに負けまいと地方車も豪華に装飾され、音楽を鳴らしながら踊り子たちの先導するのはよさこい祭りならではの光景。地方車の上でギターや和太鼓などの生演奏をするチームも増えています。地方車は各チームに一台と決められています。また、安全面などから大きさも決められています。

◆ 衣装・メイク

衣装やメイクにも、チームの個性が光ります。よさこい祭りが始まったばかりの頃は、衣装は浴衣の人がほとんどでした。しかし音楽がロック調やサンバ調にアレンジされるにつれて、衣装やメイクもしだいにに派手にアレンジされるようになりました。今では法被姿の踊り子や、個性的なメイクの踊り子など、よさこい祭りではさまざまなスタイルが見られるようになっています。

◆ 参加人数

よさこい祭りの参加人数は、1チーム150人以下と決められています。極端に人数が少ないと参加できない場合もあるようです。

2009年よさこい祭り日程・会場

■8月9日(日)

<祈願祭>

17:00〜17:45

<よさこい祭り前夜祭>

18:30〜22:00 中央公園

■ 8月10日(月)・11日(火)

<よさこい祭り本祭>

11:30 〜22:00 帯屋町筋
12:30〜21:30  菜園場・愛宕町・梅ノ辻・升形・上町・万々・旭町・知寄町・京町・はりまや橋・秦・中央公園の各競演場・演舞場
13:30〜17:30  本部追手筋競演場
18:00〜21:45  本部追手筋競演場
18:30〜21:00  柳町[地元5チーム限定](11日のみ)

■ 8月12日(水)

<よさこい祭り後夜祭>

18:30〜22:00 中央公園

<よさこい全国大会 昼の部>

13:30〜17:30 本部追手筋競演場

<よさこい全国大会 夜の部>

18:00〜21:30 中央公園・帯屋町商店街・高知城

*時間は変更になる場合もございます。

高知県 フリー写真素材
土佐料理司・ねぼけ