おせち料理の意味

おせち料理の意味

おせち料理お正月を彩るおせち料理。華やかなお祝い料理としても、お正月の保存食としても、おせち料理は欠かせない存在です。そんなおせち料理、もともとは季節の変わり目とされる「節」に、神に供え物をし、宴を開くという宮中行事で用いられていた料理。「御節供料理」と呼ばれたこの料理は、いつしか庶民の間にも浸透し、お正月の「おせち料理」として定着したのです。昔の人々はおせち料理に、豊作や家内安全、子孫繁栄を願う意味を込めました。デパートや通販で簡単におせち料理が購入できるようになった現代でも、おせち料理に込められた意味は変わらないのかもしれませんね。

こだわりのおせち料理レシピをご紹介、老舗土佐料亭「土佐料理司・ねぼけ」が、そうしたおせち料理の意味をご紹介。一品一品に込められた古くからの願いを噛みしめながら―。「土佐料理司・ねぼけ」のおせち料理レシピでおせち料理作りをもっと楽しんでみませんか?

おせち料理の献立に隠された意味

おせち料理の献立は、地域や家庭によって様々。ここでは代表的なおせち料理の献立の意味をご紹介していきます。

祝い肴三種

おせち
  • 黒豆・・・「一年中まめ(元気、勤勉)に働けますように」との意味を込めて。
  • 数の子・・・たくさんの卵を持つ数の子には、子孫繁栄を願う気持ちが。
  • 田作り・・・昔はイワシが田んぼの肥料とされていたことから、豊作を願う意味が込められます。

口取り

  • 紅白蒲鉾・・・紅白はおめでたい意味があるとして、結婚式などでも用いられる彩り。
  • 伊達巻・・・「伊達」には華やかという意味が。巻き物には知識や文化の発展を願う意味もあるそう。
  • 栗きんとん・・・きんとんは「金団」と書き、豪華さを表しています。
  • 昆布巻き・・・「よろこぶ」にかけて。

酢の物

  • 紅白なます・・・お祝いの水引をかたどったもの。おめでたい意味があります。

焼き物

  • 海老・・・腰が曲がった海老は長寿の象徴。長生きできるようにとの意味を込めて。

煮物(煮しめ)

  • 里芋・・・子芋がたくさん付くことから、子宝を祈願。
  • レンコン・・・穴があいたレンコンには、先を見通せるようにとの意味が。
  • くわい・・・くわいの大きな芽に、出世を祈って。
  • ごぼう・・・地にしっかりと根を張るごぼうは、お正月料理に欠かせない存在でした。

おせち料理と重箱の意味

おせち料理を重箱に重ねるのにも意味があるのです。それは、「良いことが重なるように」との願い。さらに五段重の場合、四段目を「与の重」と言うことで「死」のイメージを避ける工夫も。一番上の段は何も入れない控えの段とし、「現在が満杯の状態ではなく、これからもまだ富が増えますように」との意味を持たせていると言います。おせち料理には、昔の人の込めた大切な意味がぎっしりと詰まっているのですね。

土佐料亭のおせち料理レシピ

おせちレシピ大正6年創業、老舗土佐料亭「土佐料理司・ねぼけ」では、ご家庭でお楽しみいただけるおせち料理レシピをご用意させていただきました。歴史と伝統を誇る土佐料亭の熟練板前が、本格おせち料理を簡単レシピにアレンジ。手作りおせち料理は初挑戦!という方にも、今年のおせち料理はいつもよりもこだわりたい!という方にも、是非ご覧いただきたいこだわりのレシピです。ハレの日を彩る伝統美、飽きのこない繊細な味わい―。「土佐料理司・ねぼけ」がご紹介するおせち料理レシピ、お楽しみください。

>>>土佐料亭おせち料理レシピはこちらから

 

土佐料理司・ねぼけ