料理

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ .com > 料理

料理の語源

料理とは、食材に煮る、焼くなどの加工を行なって出来上がったもののことを言います。この加工の過程は「調理」とも呼ばれますが、一般的にはあまり区別がなされず、この過程自体を「料理」と言うこともあります。
「料理」という言葉はそもそも中国で「処理する」「世話をする」といった意味で使われていた言葉でした。それが薬草などを混ぜ合わせて薬を作るといった意味合いで使われるようになり、そこから現在の「調理」の意味に派生していったと考えられています。

料理の分類

一口に料理といっても、その種類は無数に存在します。そんな料理を分類するいくつかの要素があります。たとえば国や地方によって分類する方法。「日本――」や「土佐――」といったものがそうです。あるいはその形式によって分類がなされることもあります。前菜に始まり、焼物や煮物、そして食事までが一品ずつ出てくる「会席――」などがその例です。
また、使う食材によっても「肉――」や「卵――」というような分類があります。これらの分類は、食事を提供する飲食店(レストラン)が自分の店の看板を飾る文句としても用いられています。

料理は国や地方で異なる

まず、料理の特色は国や地方によって大きく異なります。使われる食材や調理法がその国あるいは地域によって違うためです。
たとえば日本で取れる食材を用い、日本独自で発展させた料理のことは「日本料理(和食)」と言われています。代表として天ぷらや寿司などがよく知られており、日本を訪れる外国の方にも好まれています。同じく中国であれば「中華――」、イタリアであれば「イタリア――」と呼び名がついています。

そしてこの分類からさらに、地域によって分類がなされることがあります。日本料理を例に取れば、「土佐――」「沖縄――」などというように地方によって特色が分かれます。このような地方料理を総称したのが郷土料理。そもそも日本料理は、この郷土料理が寄せ集まったものだと言えます。そんな郷土料理に最近では注目が集まるようになり、提供する飲食店も増えてきました。

料理の形式による分類

さらに料理の形式によっても分類があります。たとえば「懐石――」はもともと茶会の際に客人をもてなすために出されていたものでした。似た言葉でも「会席――」といえば宴席での料理のこと。前菜に始まり、焼物、煮物、揚物、ご飯が一品ずつ出される形式をとります。

料理を食材別に分ける

料理はまた、食材によっても分類がなされます。「肉――」「魚――」「豆腐――」などがその例です。このような分類ごとにレシピ集が出されていることが多く、わたしたちにとっても親しみのある分類分けと言えるでしょう。そしてこれらの中にもまた、鶏肉、豚肉、牛肉などの食材の違いがあったり、煮る、焼く、揚げるなどの調理方法の違いがあったりと、無数の料理が存在します。

とは言うものの、このような分類は一様のものではなく、多くの料理が様々な要素を持っているのが実情です。また現在でも、互いに影響し合いながら、分類にとらわれない新しい料理が次々に誕生しています。このように様々な側面を持つ料理は、研究してみると非常に面白い事柄が見えてきます。その料理が生まれる背景となった歴史や文化、自然環境やそこに住む人々の生活までが、その中には隠されているのです。

トップに戻る
高知県 フリー写真素材
土佐料理司・ねぼけ