鯖寿司(さば寿司)

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ .com > 高知県 >安芸

鯖寿司(さば寿司)

鯖寿司

鯖寿司(さば寿司)は土佐料理司・ねぼけ自信の逸品。 鯖寿司(さば寿司)の美味しさは、たっぷりと脂ののった鯖とさっぱりとした酢飯の相性のよさ。鯖寿司(さば寿司)は口に入れる前からそのさわやかな香りが漂うよう。さっぱりとした中にも鯖の旨みがぎゅっとつまり、酢とひとつになって口の中に広がります。

 

鯖寿司(さば寿司)は体も気持ちもさわやかな味わいで満たしてくれる一品です。

鯖寿司(さば寿司)の鯖には土佐の味覚・清水鯖を使用。
清水鯖は土佐清水の海を泳ぐ土佐清水の鯖。地元の人々に愛され続ける清水鯖を、大切に調理して鯖寿司(さば寿司)を作りました。そんな鯖寿司(さば寿司)はまさに土佐の味なのです。

司・ねぼけではこの清水鯖を使用し、素材の吟味や鮮度保持、さらに寿司に使う米や酢にまでこだわって鯖寿司(さば寿司)を作りました。実際司・ねぼけに訪れるお客様にもご好評で、お食事のしめの一品として召し上がっていただく方も多くいらっしゃいます。さっぱりとした味わいはお食事の最後を飾るのにぴったりです。

鯖寿司(さば寿司)は土佐らしさの溢れる料理。さわやかなその味わいを、ぜひお試しください。

鯖寿司(さば寿司)の「清水鯖」

 土佐料理司・ねぼけの鯖寿司(さば寿司)に使われる鯖は清水鯖と呼ばれるゴマサバ。清水鯖ではゴマサバの中でも土佐清水沖で獲れるものをブランド化したもの。清水鯖はまさに土佐の魚なのです。

ゴマサバはマサバに良く似ていますが、お腹にゴマのような斑点があるのが特徴的。また、断面が丸みを帯びていることから「マルサバ」と呼ばれることもあります。マサバよりも暖かい海を好むため、関東以南の海に多く分布しています。マサバよりも脂肪分は落ちるとされていますが、季節によって味に大きな差があるマサバに比べ、ゴマサバは一年を通して味がかわりにくいのが特徴。さらにしっかりと鮮度保持をすればあたることがないと言われています。

清水さば

そんなゴマサバを土佐の味として大切にしているのが土佐清水の人々。清水鯖はまさに土佐清水の鯖。回遊魚である鯖ですが、清水鯖は土佐清水の海を泳ぎ、土佐清水の餌を食べる。清水鯖は土佐の人たちにとってもっとも馴染みの深い魚なのです。そんな土佐清水の人たちが誇る清水鯖を、土佐料理司・ねぼけでも鯖寿司(さば寿司)にしてみなさまにご提供させていただいております。

土佐清水の人々に愛され続ける清水鯖の美味しさを、みなさまもぜひ鯖寿司(さば寿司)でご堪能ください。

司・ねぼけこだわりの鯖寿司

鯖寿司

そんな土佐清水の清水鯖を、司・ねぼけこだわりの調理技術で鯖寿司(さば寿司)にしています。

土佐料理司・ねぼけの鯖寿司(さば寿司)に使用している清水鯖は、寿司にするのにもっとも適した700〜800グラムのものを厳選。もっとも美味しくなる4年ものの清水鯖を調理しています。清水鯖はおろして酢でしめた後、鯖の鮮度をもっともよいままに保つよう徹底的な温度管理の中で保存しています。

また、美味しい鯖には美味しいお米。当店ではこしひかりを使用しています。米は最初に水に触れた瞬間からその炊き上がりが決まります。まずは一度たっぷりと水を注ぎ、大きくさっとかき回してごみを流し取ります。そのあとで水を注いで、大きく8の字を描くように研ぐ動作を3、4度繰り返した後で炊き上げます。炊き方も司・ねぼけこだわりの燃焼時間と温度で、鯖寿司(さば寿司)にもっとも適したお米を炊き上げます。

炊き上がったお米には、酢とともにゆず、しょうがを刻んで混ぜ合わせます。ゆずの香りとさっぱりとしたしょうがが、風味豊かな寿司飯を作り上げるのです。清水鯖との相性もぴったり。甘みと酸味がほどよくマッチし、口の中を豊かな香りと味わいで満たします。これだけ風味の豊かな寿司飯と旨みのぎゅっとつまった清水鯖とで作った鯖寿司(さば寿司)ですので、お醤油をつけないでもそのまま楽しめます。

当店こだわりの鯖寿司(さば寿司)を、みなさまもぜひご賞味ください。

 

トップに戻る
高知県 フリー写真素材
土佐料理司・ねぼけ