高知県 釣り情報

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ .com > 高知県 釣り情報

高知県の釣り情報

高知県は、釣りを楽しむのに絶好のロケーション。南には太平洋が果てしなく広がり、山々からは四万十川に代表される美しい清流が流れ出す・・・。そんな高知県には、釣り人たちを熱くさせる最高の舞台が用意されているのです。

高知県での釣りは、海・山とその釣り場が豊富なだけに、様々な釣り方が楽しめるのも魅力。海では磯釣りや船釣りなどダイナミックな釣りが楽しめます。木々の緑に囲まれた川では、小鳥のさえずりなどに耳をすませながら、ポイントを細かくしぼってじっと待つ“腕”も必要とされてきます。さらに高知県の釣りを楽しくするのが種類豊富な魚たち。高知県の清流と聞いて誰もが思い出すのが天然鮎。海ならば、コウロウやグレ、チヌなど大物も期待できます。

釣り人を魅了してやまない高知県の海と川。一度高知県での釣りの楽しさを覚えたら、皆さんもきっと病みつきになってしまうかもしれません。

<高知県の釣り―大海原を舞台に>

高知県の釣りの舞台となるのがまず、黒潮流れる太平洋。そこはまさに多くの魚たちのすみか。コウロウ(イシダイ)、グレ(メジナ)、チヌ(クロダイ)、イサキなど、季節や場所によっても狙いは様々。狙う魚によって、ウキ釣り、フカセ釣り、サビキ釣りなど釣り方を変えて試すのも、釣り人たちの腕の見せ所です。

さらに海釣りと一口に言っても、そこにはさまざまなスタイルがあります。まずは磯釣り。室戸岬や足摺岬周辺は磯釣りのポイントに恵まれており、60センチを越えるオナガグレやチヌなどにも巡り会うこともあります。足場の良い場所なら初心者でも楽しめますが、中には足場の悪い場所や満潮時には沈んでしまう場所もあるので、注意が必要です。

大海原に乗り出す船釣りも、もちろん人気のスタイル。船頭さんを頼りに行う船釣りは、様々なアドバイスがもらえて嬉しいもの。ただ“自分の力で釣りをしたい!”という人には、ちょっと物足りないかもしれません。そこで最近人気を集めているのがマイボート。自分で大海原へ乗り出し、ポイントを探す。マイボートには自分の力で釣りを楽しむ醍醐味があります。ただし、高知県では漁業が盛ん。漁船の妨げにならない範囲で、マナーを守り、マイボートを楽しむことが重要です。

黒潮流れる太平洋を舞台に楽しむ海釣り。どこで、いつ、どんなふうに、何をねらうか。高知県の大海原での釣りは、さまざまな楽しみ方を与えてくれることでしょう。

<高知県の釣り―美しい清流を眺めて>

高知県の釣りと言えばもう一つ、高知県が誇る美しい清流を舞台に行われる釣りがあります。高知県は土地の約85パーセントを山地が占める、緑豊かな土地。そこから流れ出す清流は多くの貴重な生き物のすみかとなっています。

そんな清流を代表する魚が鮎。「香魚」とも呼ばれ、今では貴重な魚として知られる鮎を釣ろうと毎年解禁と同時に多くの釣り人が川を訪れます。日本最後の清流とうたわれる四万十川をはじめ、仁淀川、物部川、ダムがないことで知られる安田川、さらには高知市街を流れる鏡川にも鮎が生息しているということは、高知県の大きな特徴であり、また誇りでもあります。

鮎釣りで代表的なのは、縄張りに侵入してくるものを体当たりで撃退する鮎の習性を利用した友釣り。「どろめ」や「のれそれ」を使った餌釣りも行われます。鮎は一年でその一生を終える年魚であるため、釣り人の仕掛ける罠を学習して知っているということがなく、どんな釣り方も試すことができます。しかし、だからと言って鮎釣りが簡単だということはなく、鮎の潜んでいるポイントを見分けるのは熟練した釣り人でないと難しいようです。

高知県の清流は天然鮎のすみかとしてその名を誇ってきました。しかし釣り人の増加とともに、河川の汚染が進み、鮎も減少傾しつつあります。現在ではこうした傾向に歯止めをかけるために、地域や企業が協力して河川の汚染を防ぐさまざまな取り組みがなされています。川を守り、魚たちを守ること。その上で、高知県の釣りを楽しむことができるのです。

高知県の釣りの魅力

高知県の釣りの魅力。それを一言で表すとしたら、“気軽に本物の釣りを楽しめる”ということになるのかもしれません。

本州では釣りに出かけるために、2、3日休みをとって出かけなければならないということもあるかも知れません。その点釣り場に恵まれた高知県では、1日、あるいは半日もあれば“気軽に”釣りが楽しめてしまうのです。その一方で高知県の釣りは、黒潮流れる太平洋や、山々から湧き出る清流など、“本物の”大自然を舞台に行うダイナミックなものでもあります。そこに南国特有の日ざしや気候が加わり、さらに相手が種類豊富な魚たちとなれば、釣り人たちの興奮が最高潮に達するのも間違いありません。

気軽さと、本物の釣りの醍醐味。この2つを併せ持つ高知県の釣りだからこそ、安全に、そしてマナーを守って楽しみたいもの。気軽に行けるからといって、自然の力を甘く見ることはできません。そしてマナーを守ってこそ、釣りの楽しみはいつまでも続くのです。高知県の釣りが楽しいものであるように、海を守り、川を守り、魚たちを守っていくとこが何よりも大切なのかもしれません。

ぐるなび東京銀座店
高知県 フリー写真素材
土佐料理司・ねぼけ