野菜料理

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行

高知県 郷土料理 グルメ お取り寄せ 観光 旅行 簡単料理レシピ .com >料理 >野菜料理

野菜料理とは

野菜料理に使われる野菜野菜料理とは野菜を主に使った料理のこと。野菜料理の中には、野菜を生のまま使用した生野菜と、野菜を過熱する温野菜というふたつの調理法があります。生野菜は、一般的に「サラダ」と呼ばれる野菜料理のこと。野菜本来の、みずみずしい食感を楽しめることから人気です。温野菜は、野菜を柔らかくしたりうまみを増したりというこうかがあるほか、嵩も小さくなるためたくさん食べられるという利点もあります。

 

野菜料理は古くから日本人に親しまれてきました。野菜には旬があり、その時期には余るほどの野菜が採れました。その度にさまざまな野菜料理が工夫され、食されてきたのです。現代では輸入や施設栽培の充実によって、旬に関わらず野菜が手に入るようになりました。また、農薬などの使用もあり、野菜の味が美味しくなくなったと感じている人も多いようです。本当に美味しい旬の野菜を使った野菜料理を、未来にもぜひ残して生きたいものです。

野菜料理いろいろ

野菜いろいろ野菜料理には数多くの種類があります。野菜料理の代表・サラダを例にとってみても、使われる野菜や味付けなどがそれぞれ異なります。野菜料理としてサラダが日本に伝わったのは戦後。GHQのクリスマスイブパーティーでシーザーサラダが提供されたのがはじまりだと言われています。それまでの日本の野菜料理には、現在のサラダのような食べ方は存在しなかったようです。そんなサラダは今では野菜料理の代表とも言える存在になりました。

 

野菜を加熱する野菜料理には、焼く、煮る、蒸す、揚げるなどさまざまなものがあります。加熱した野菜料理には、野菜の持つ渋みや青臭さを甘みやうまみに変える効果があります。生では苦手な野菜も、加熱した野菜料理にすれば食べられると言う人も多いよう。さらに加熱した野菜料理は生の野菜料理と比べて嵩がずい分と小さくなるため、たくさん食べられると言う利点があります。野菜スープなどの野菜料理は理想的な野菜料理と言えるでしょう。

土佐の野菜料理

土佐の野菜料理は、サラダやスープから想像するような野菜料理とは一味違います。土佐の野菜料理を彩るのは、高知県の総面積の約85パーセントを占める、緑豊かな山々から採れる山の幸。土佐ならではの野菜ばかりです。

 

野菜料理・筍の土佐煮春の味覚としては、筍をはじめタラの目やふきなどが野菜料理のメニューを飾ります。うるいや根三つ葉といった春野菜のおひたしは、前菜にぴったりの野菜料理です。初夏には土佐ならではの野菜・りゅうきゅうがたたきや皿鉢を彩るほか、酢の物としても美味しく召し上がっていただけます。土佐ならではの野菜を、焼く、煮る、揚げる、和えるなどさまざまな調理方法で楽しめる土佐の野菜料理。土佐料理司・ねぼけで山の恵みいっぱいの野菜料理をお楽しみください。

高知県 フリー写真素材
土佐料理司・ねぼけ