土佐料理 司土佐料理 祢保希

ENGLISH PAGE

四季を感じながら旬の「うまい」をあじわう

春の到来を告げる自然のめぐみ

節分、立春を過ぎ桃の節句を迎え桜の季節。
この時季には、色鮮やかな桜色に染まった
「桜鯛」や、菜の花や筍といった春野菜、
そして黒潮にのって北上してきた「初鰹」。
春の到来を告げる海のものに加え、
芽吹きの季節の山のものを
たっぷりと使いご提供いたします。

夏の暑さが育てたこの上ない一品

「鰻」「川海老」など、暑い盛りに美味しさの増す
川のものを中心に仕立てた料理の季節。
中でも日本一の清流「仁淀川」で育まれた
「天然鮎」は、気品ある香りと
美味しさはこの上ない逸品。
夏野菜の「茄子」や「冬瓜」、高知ならではの
「りゅうきゅう」を添えて、
爽やかなお料理の数々を楽しむ
格別なひとときをお楽しみください。

実りの秋に素材の味を楽しむ

実りの秋、食欲の秋と言われる季節、
「鯨のすき焼き」は司の定番です。
少しずつ脂が乗ってくる海の幸、
「戻り鰹」は、和牛といっしょに
しゃぶしゃぶで食べるのがおすすめ。
素材の持ち味を生かした料理は、
食材の香りも楽しんでいただけます。

とろけるような九絵鍋を寒い冬にあじわう

冬の味覚と言えば、「牡蠣」「鰤」など寒さが
増すにつれ身が締まり、脂も乗ってきます。
そして冷える季節は何と言っても鍋。
その鍋の中で王様とも呼ばれる
「九絵鍋」は極上の美味しさ。
口の中でとろけるような上質な脂、
そして広がる濃厚な旨みを、
旬の野菜と共にお楽しみ下さい。